FC2ブログ

記事一覧

見ぬふりをしている本当の願い

エネルギーワーク全般を休止しているので日課の瞑想もしばらくやっていません。
瞑想からのメッセージが受け取れなくなるとハイヤーセルフは夢の中で必要な情報をくれます。

普通の夢、明晰夢、予知夢の区別が最近はっきりわかるようになってきました。
ハイヤーセルフからメッセージがあるときはいつも夢の中で同じ場所に立っています。

今回は夢の中でこんな事を言われました。

「起きたらすぐに耳にする言葉に注意しなさい。その中に大切なメッセージがあるから聞き逃さないようにしなさい」

朝起きると、すぐに忘れてしまわないようにすぐに全く同じセリフを大きな声で復唱して布団から出ます。

起きたらすぐに、と言われた通り午前中からたくさん「これは。。」という言葉を聞きました。

その中で私個人だけでなく他の方にとっても共通しているものが多いかな、と思うものをシェアします。


午前中、録画していた番組を視聴した時のことです。
今やってるアニメなんですが、その番組の中で登場人物がこんな事を言っていました。


『俺は王にならなきゃいけないと思っていた。
だが善き王になって何がしたいのかそれだけが分からねぇ』

「お前が分かってないなんてことはないさ。
ただ見えてないだけだ。
俺もそうさ、目を背けてるというか。
だが本当は気づいてるんだ」

『そうかな…』

「そうさ」

願いを叶えた先を考えてふと抱く疑問でのやり取りでした。
簡単に書くと、1人は父である王に対する反逆の果てで「王になる」という願い。
もう1人は亡くした娘の代わりの後継者を得るという願いを持っていました。


ですがストーリー後半に本当の気持ちに気づきます。


1人の望みは王になる事ではなく王である父の孤独を癒す事でした。
自分が王になれば父を孤独から解放できると願っていたのです。

もう1人は、求めていたのは後継者ではなくすでに亡くなった娘でした。


辛い出来事に傷つき願いの根本にある誰かを想う気持ちを隠してしまっている事は私たちにもあると思います。
このブログを読んでいる方に今どうしても叶えたい願いがあるとすれば、その願いの根本にある想いはなんでしょうか。

私は全ての願いの根本は愛だと思っています。
動機が怒りや復讐であったとしてもその奥底には悲しみがあって、その悲しみの原点すら愛なのではないかと思います。

見えていない時は否定するかもしれません。

それを知る事ができると「願い」に対する想いも変わるはずです。

私はまた一つ、私の願いに対する想いが軽くなりました。
軽くなるというのは、気持ちが薄らぐ事ではありません。
強い願いにはポジティブ、ネガティブどちらのエネルギーも付きまとうものです。
強い願いのまま、より純粋に思うことができるようになります。
その先にあるものは多分それぞれ違う結果だと思いますが、同じように願いを持っている方がより本当の願いに届くよう望みます。

透視セッション再開の時期ですが、最短で来年頭と以前書きましたが状況的にもう少し先になりそうです。

プロフィール

LinA

Author:LinA
☆スピリチュアルハンドメイド作家
☆Paramitaヒーリングスクール
認定ヒーラー

・関東在住

・何となく生き辛いというボンヤリした感覚に人知れず苦しんでいた時に占いの世界を経て透視と浄化の世界を知りました。
エネルギーワークで心身を見つめ直し、周りから否定された幼い頃に見た妖精の存在や不思議な体験を再び信られるようになり、自分を肯定できたと同時に同じような辛さを感じている方々の助けになれたらと思うようになりました。
常に謙虚な気持ちを持って見えない世界にポジティブに貢献していきたいと思います。

・メールアドレス
rinarume☆gmail.com
↑☆を@に変えて下さい。

カテゴリー+月別アーカイブ